企業間取引の決済手段にフロンティアを。

PortiaPAYで、B2B-ECショップの決済手段を一新する。

システムのご利用方法

お客様の環境や規模、さまざまな状況に応じてリンク型接続方式とAPI型接続方式からご利用パターンをお選びいただけます。
機能・利用可能な決済手段などの情報は、下記をご覧ください。

リンク型接続方式

PortiaPAYの決済システムが提供する決済画面に対してBtoBサイトからリンクを
貼っていただくだけの簡単な作業で決済できるようになる接続方式です。

リンク型接続方式
リンク型接続方式での接続は、弊社指定のURLに対して必要パラメーター情報と合わせてリンクを貼っていただくだけで決済できるようになる非常に簡単な導入方式です。 加盟店様の運営サーバーに対して決済情報が流れることはありませんので、セキュリティ的にも安心してご利用いただく事ができます。決済画面は固定となります。

API型接続方式

加盟店様のBtoBサイトのサーバー内に決済通信を行うプログラムやPortiaPAYが提供する
決済モジュールを組み込む事で決済できるようになる接続方式です。

API型接続方式
API型接続方式による接続の場合は、弊社の決済システムと通信するためのプログラムを加盟店様の運営サーバー内に設置する必要があります。各種ショッピングカートに対応したモジュールをご用意してありますので、加盟店様が利用されているシステムに合わせてご利用いただくことが可能です。また、加盟店様のサーバーを経由してユーザー様の決済情報が弊社のマルチ決済システムへ送信されるため、SSLの設置は必須です。通信内容は独自に暗号化されており、ユーザーの決済情報や個人情報の漏洩を防止いたします。決済画面を自由にご構築いただける自由度の高い方式です。

お問い合わせ